子どもの英語教育って?

本を読みつつ、結局我が家のチビに英語教育は必要なのか?と考えてみました。

どうやら

・エマージョン教育(英語に接する時間を沢山作って「英語漬け」にして自然と覚えさせる)だと複数言語を自在に操れるバイリンガルになれそう。但し、親が英語を話すとか授業を全部英語で行うとか相当の努力をしない限り難しい。
・そうでない場合は、母語の能力がある程度発達して基本的な文法なども理解できるようになってから、外国語を外国語として学ぶのが良い。流暢なバイリンガルにはなれないがコミュニケーションに不足のないレベルにはなれる。

というように感じました。

私や夫が家で英語を話してエマージョン環境を作ることもできなくはないだろうけど、いつも日本語を話してる親が突然英語を話してチビは混乱しないだろうか?というのが疑問&不安。

やっぱ小さいうちはちょっと英語を見聞きするだけに留めて、「世界には日本語以外の言葉がある」ってことくらい分かれば充分なのかもしれない。
何としても避けなくちゃいけないのは、「英語嫌い」にしてしまうこと。英語は難しいもの、面倒なもの、自分には無理なもの。。。なんて思い込まないように。
[PR]

by studio-yaya | 2009-10-15 22:23 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/12137617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 危険な光景 上地くん可愛いなー >>