「0歳~3歳のちから―モンテッソーリ教育が見守る乳幼児の育ちと大人の心得」 松浦 公紀 著

モンテッソーリ教育という言葉は聞いたことあるけど、ちゃんと本を読んだことはなかったので、ざっくりとでも見てみようかと思って。

Nashville時代の英会話の先生は、お子さんをモンテッソーリ教育の幼稚園に通わせたと言っていたような。お子さんは楽しく過ごしたそうな。でもここでは親がたくさん勉強しなくちゃいけなくて大変だった、と(^^;

ちょうどいい時期にちょうどいい刺激を与える。過剰に手を出さない。物事に集中する時間を作る。子供の体格に合わせた道具を用意する。。。
物によっては手間がかかること、お金がかかることもあるけど、参考にはなりそう。

印象に残った言葉。
「あなたは弓であり
 あなたの子どもはあなたから
 飛びたつ矢である」
子供は親の所有物ではなく、親のコピーでもなく、親の思う通りにはならない。子供それぞれの意思があり、興味関心がある。そゆことですね。


0歳~3歳のちから―モンテッソーリ教育が見守る乳幼児の育ちと大人の心得
[PR]

by studio-yaya | 2009-07-31 00:06 | | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/11626597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< また花火 お遊び >>