ごみの分別

市町村によってごみの分別の仕方が違うのって困りますねー。
ビニールやプラスチックを手にするたびに「これは可燃だっけ?」とかいちいち市からもらったリストを見なくちゃいけない。今の区分に慣れるまでもう少しかかりそう。

今住んでる町、なんと不燃ごみの回収は月1回です。毎月第2水曜日。他の水曜日は「プラスチックごみ」の日。食品の包装なんかに使われるプラスチックに「プラ」のマークがついてるやつ、あれの収集なのです。

不燃ごみ1回だけなんて少なすぎじゃん。プラごみってそんなに出るの???と思ったけど、やってみると結構あるんですねー、プラごみ。色つきの食品トレイとか食材の外袋とか、1週間で結構たまります。驚き。そして逆に可燃ごみはぐっと減りました。驚き。

しかし、以前「偽善エコロジー」という本を読んだので、分別には結構懐疑的な私。
集積所を一緒に使うご近所さんがいる手前、一応分別してはいるけど、ちゃんとリサイクルされてるのか気になるところではあります。
[PR]

by studio-yaya | 2009-05-18 23:01 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/11003627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 新型インフル お札と小銭 >>