申し込んでみた

去年引っ越してきた時に、この先どう過ごすか?と考えた。
仕事復帰? 専業主婦?
仕事もしたい。でも子供とも少しは一緒に過ごしたい。自分の時間も欲しい。理想を言えば、週3日仕事、1日自分の時間、1日はチビと過ごして、週末は家族で。
そんなにうまくいくもんかね?とは思ったけど、仕事は手に入った。

で、自分の時間。
今年は週に1コマだけ大学の授業を聞きに行くことにしてみた。
近くの大学で、去年は上野千鶴子先生というフェミニズムの分野の超有名人が公開授業を行っていたんだけど、前期のみの開講だったので夏に引っ越してきた私は受講できなかった。今年は違う先生だったけど、講義の内容は同じく女性学、聴講の手続きをしてみた。なんの資格も要らないのね、この手続き。住所とか書いてハンコ押して登録手続き終了。

私立の女子大。。。私とは無縁の世界です。レンガ作りの立派な校舎があったりして、あーこれぞキャンパスライフって感じ。落書きだらけの汚い校舎にTシャツジーンズで自転車で通ってた私の大学生活とはかなーり違いそう。でも、きっと学生もさぞかしお嬢様で。。。と思いきや、お嬢様っぽいのもいればジーンズの子もいれば空手部の稽古着姿の御一行もいたりして、まぁ様々でした。

引っ越しだなんだと忙しい時期にまた新しいことに手を出さんでも。。。とも思ったけど、こういうのは勢いのある時に手を出しておかないと、やらないまま終わっちゃうから。聴講生の募集枠が100人(!)だったってことは、きっと大講義室での授業で、さほどレポートだなんだと忙しいものではないだろうし。
そんなわけで、週に1回、女子大生の群れに紛れてきます。
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-13 19:41 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/10714817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「十年不倫」 衿野未矢 著 スニーカー >>